* 分け合えば満ち足りる世界。


数ヶ月前からまたハンディを持った子供たちと関わる活動を始めました。


一緒にお家に帰る。とか、お出掛けする。
そんな活動:-)


私は彼らと似た部分を持ってるからこそ、いっぱいいっぱいになってしまうこと、焦ってしまうこと、こだわりが強くなってしまうこともよくわかります。


この前通所施設に行くと、中がなんかものすごい静か( ゚ェ゚)
そっと覗くと…みんなアイス食べてました。
食べてるとき、本当みんな静か。笑


その中で上手にアイスが食べれない男の子がいました。
両手で大事に持ってるけど、中々食べれない。
食べ終わった子たちは歩き回ったり、話し出したり。


その上手く食べれない子は、そんなみんなをただただ、にこにこ見つめてて。
右見てにっこり。
左見てにっこり。
満面の笑顔。
両手でアイスを大切に持ったまま。


その姿は神さまそのもの。


色んなこと上手く出来なくたって、にっこり微笑んでるだけで人を幸せに出来る。


「彼らにとって優しい社会はみんなにとって優しい社会だと思う。」

昔お会いした職員の方がおっしゃっていました。


本当にそう思うの。


この世界には、お金を稼ぐというか集めるのが得意な人もいる。
苦手な人もいる。
頭の回転が早い人もいる。
のんびりな人もいる。


この世界は何でも分け合えば充分に満ち足りる。


企業の中でも雇用は進んでるけど、もっともっと豊かさは広げられると思う。


理想論かもしれないけど。
でもこの子たちがずっとにこにこしていられる大切な未来のために。





2019.05.30 Thursday * 07:01 | - | comments(0) | -
* 金沢へ。


「えっ?なんで?」


と不思議なことばかり起こる最近。
大丈夫なのかな。と心配しながらも信じて歩くしかない。


先週末、金沢へ旅行に行ってきました。



ひなちゃん、ここに行ってきな!
と言われて初金沢。



去年から様々な土地を訪れていますが、

すべて


「ひなちゃん、ここに行ってきな!」
「ひなさんに行ってほしい場所がある。」


そんなお言葉からご縁が生まれています。

大体その土地の神社へ行かせてもらってるのですが。
今住んでる場所もそんなご縁の中からたどり着きました。


今は神社へ行くことが日常。
何かをお願いしてる訳じゃなくて、本当に落ち着く大好きな場所だから。
そして神社の木にくっつきます。
ちょっと…怖いよね。笑


話変わりますが、今年の母の日のプレゼント。


ずっと探し続けてたけど、中々ピンとくるものがなくて。

どうしようかなと思っていたら、今回の金沢旅行でたまたま訪れた神社で、素敵な御朱印帳に出逢えました。



どんな小さな自分の感覚も大切にしてあげる。
ちゃんと待っていてくれてる。



私たちは未来から今を歩いている。
本当にそうなのかもしれない:-)



2019.05.28 Tuesday * 07:40 | - | comments(0) | -
* かわさきFM :-)


今日はかわさきFMさんに出演させて頂きました。



今、この時、聞いてくれてる方に。
そっと届けたい。


それが今の私の素直な気持ちでした。


自分に足りないものや、必要なこと、可能性も。
ご一緒させて頂いた、安藤みゆきさんや関係者の方から学ばせて頂きました*

Show room も取り入れながらのラジオ。
不馴れすぎて今何がどうなってるのか、私の頭の中はちんぷんかんぷんでした( ゚ェ゚)
名前もシャワーroomと勘違いしてました。笑


写真はshow room を見てくださった方たちとの記念撮影。…だと思う。笑


言葉のキャッチボールはやっぱ苦手。
自分の歌のことは驚くほどスラスラ話せるのに。


すべてのご縁に感謝します:-)

今日もありがとうございました。

2019.05.17 Friday * 16:36 | - | comments(0) | -
* もう1度だけ。


今日もいいお天気(*^^*)

いかがお過ごしですか?

今日は1つのメッセージをシェアしたいなと思います。

毎日上手くいくことばかりじゃないけど、改めて大切なこと気付かせてくれた記事。


“神さま、もう1度だけ。”

最後に人はそう思うのかもしれない。


1月4日の早朝に、オーストラリアの27歳の女性が病気で亡くなりました。

その女性が亡くなる前に残した手紙を、ご遺族の方が公開しました。

ぜひ、読んで感じて欲しいお手紙です。


『ホーリーから、人生のちょっとしたアドバイス』


26歳という若さで、死と向き合い始めるというのは少し珍しいことかもしれません。

なぜなら、多くの人はこのことに目を背けて生きているからです。

毎日は当たり前のように過ぎていきます、まるでそれがずっと続くかのように。

私もいつか歳を重ね、シワができ、白髪になることを想像していました。

他の多くの人がそう考えるように、たくさんの子どもに囲まれ

愛に溢れた家庭を築くことをいつも考えていました。

しかし人生は儚く、貴重で、予想できないものです。

毎日を生きることは、与えられた権利ではなく贈り物なのです。

私は27歳です。

まだこの人生を終わらせたくない。

私は自分の人生を愛していて、とても幸せなのです。

でも、もう私にはコントロールすることはできません。

私はただみんなに、些細で意味のないようなことにあまり心配しないで欲しいのです。

そして覚えておいて下さい。

最後にはみんな同じ運命が待っているということを。

なのであなたの時間を、価値のある素晴らしいと感じることに使って欲しいのです。

嫌だと思うことはしなくていいのです。

些細なことには寛大でいてください。

もちろんイライラすることはあると思いますが、引きずらないでください。

そのようなことで、周り人々の人生に悪い影響を与えないようにしてください。

イライラしてしまう時は外に出て深呼吸をして、新鮮なオーストラリアの空気を

胸いっぱいに吸い込んで下さい。

そして空の青さを、木々の緑を見てください。それらはとても美しいものです。

考えてみてください。

呼吸ができること、その素晴らしさを。

もしかしたら今日、渋滞につかまってしまったかもしれませんね。

あなたの愛おしい赤ちゃんが泣きわめくせいで、よく眠れなかったかもしれません。

美容師があなたの髪を短く切りすぎたかもしれないし

変えたばかりのネイルが欠けていたかもしれません。

自分の容姿が気に入らない人もいるかもしれません。

しかしそれらのことは些細なことです。

あなたが人生の終わりを迎える時、そんなことは考えないと断言できます。

人生全体で見れば、これらのことは本当にどうでもいいことです。

私の身体は日を追うごとに、どんどん痩せ細っていきますが

私の願いは、もう一度だけ家族と誕生日を過ごしたい

もう一度だけクリスマスを迎えたい

もう一度だけパートナーと過ごしたい

それだけです。

たったもう一度だけでいいから。

仕事がどれだけ大変だったか、エクササイズがどれだけハードだったかなどの

不満を訴える人がいますが、まずは身体が満足に動くことに感謝してください。

たとえ理想の体型でなかったとしても、健康でいられること

身体が機能すること、それだけで素晴らしいことなのです。

食べ過ぎに注意して、適度に運動をし、新鮮な食事で十分な栄養を与えてください。

そして、お互いを助け合いましょう。

与えて、与えて、与えるのです。

他者に与えることで得られる幸せは、この上ないものです。

私ももっとそれをしたかった。

病気になってから、多くの人が私をサポートしてくれました。

とても返しきれるものではありません。

そのことを私は一生忘れないでしょう。

あなたが死ぬときにお金を持っていてもなんの意味もありません。

自分の服を買う代わりに、誰かのためにそのお金を使いましょう。

あなたが同じ服を着ていても、誰も気にしません。

何より大切な人を食事に連れていったり、贈り物をすることは気持ちの良いことです。

その際に、大切に想っているという気持ちを伝えましょう。

自分のためにお金を使う際は、モノではなく経験に使いましょう。

ビーチに行って足を水につけ、つま先で砂を掘り、顔を海水につけてください。

自然を感じてください。

携帯の画面ばかり見るのではなく、ただその瞬間を楽しむようにしてください。

人生とは画面を通して生きることではないし、完璧な写真を撮ることでもありません。

大切な人との血の通う時間を大切にしてください。

早起きをして、鳥のさえずりに耳をすまし、朝日の美しい色を眺めるのです。

音楽を聴いてください。音楽はセラピーです。

犬を抱きしめてください。

携帯を置いて、友達と話をしましょう。

旅をしたいならしましょう。

生きるために働いてください、働くために生きてはいけません。

心が幸せに感じることをしてください。

ケーキだって食べていいのです。何の罪悪感もありません。

やりたくないことには、やりたくないと言いましょう。

他の人が考える理想の人生にプレッシャーを感じなくても大丈夫です。

平凡な人生を望んでも全く構いません。

愛する人に、毎日愛を込めて、愛していると伝えましょう。



もう1度だけ、会いたい人がいるなら。

伝えたいことがあるなら。 

感じたいことがあるなら。


今すぐ動きたいですね:-)

今日もhappyな1日を。




2019.05.12 Sunday * 09:20 | - | comments(0) | -
* ここにしかないもの。


今日は数ヶ月ぶりに実家へ。


今の場所は都内へのアクセスもいいし、住環境もいい。
とても大好きな場所。


家までの道。
電車から何度も見てきた景色。
今住んでる場所もこの景色とどこか似てる。


駅から歩いていると、青い羽の蝶々とすれ違った。
本当に久々に見た気がした。


氏神さまの神社へご挨拶に行くために自転車を走らせていると、


公園で自由に走り回る子どもたち。
風に揺れる豊かな緑。
川を流れる透き通った水。

当たり前にあった景色。


この季節になると当たり前に庭に咲いていた大好きなモッコウバラ。



今の生活は便利は増えた。
でも。

久々に帰ってきて、ここにしかないかけがえのないものに気付かせてもらえた。


家にいるときは全然食べなかった煮物。
今は時々とても食べたくなることがある。


朝から作っておいてくれた煮物。


家に着いてから、とにかくずっと近くにいるし、色んなもの持たせようとするし:-)


お母さんはいつまでもお母さんなんだね。


素晴らしい景色を見たとき。
美味しいもの食べたとき。
嬉しいことあったとき。
身体にいいと聞いたものがあったとき。


1番にお母さんに伝えたくなる。
照れるから言わないけど。


今日も全てにありがとうしかない☆



2019.04.29 Monday * 13:58 | - | comments(0) | -

<< | 2/131Pages | >>