* 与えてもらった時間と才能を使って。

新しい曲が完成しました。

愛する人と死別した感情を描いた曲。

とてもスラスラ降りてきたメロディたち。

今は言葉を探すこと、選ぶことに苦戦中です。

どんな言葉を紡いだら表現し切れるのかな。

いつも歌詞を書くときに思うのは、誰が聞いても情景が浮かぶように作りたい。

でもストレートすぎる言葉じゃなくて。
聞いてくれる人、それぞれが自由に創造できる言葉で。

経験したことない感情を言葉にすることの難しさを痛感しています。

死別というのはきっと誰しも1度は経験すること。

親、兄弟、友だち、子ども、恋人、ペット。

前よりずっとそばにいてくれることは頭でわかっていても感情がついてこないこともあると思う。
そんなときに寄り添える歌を残したい。

私はあなたで、あなたは私。

そう想い続けられたらと本当に思う。
私はすぐ傲慢になるし、わがままにもなる。
目の前の人、大切にし切れないことばかり。

どんなにさすってももう動かない。
いつものように話し掛けても、もう何も答えない。
そう想像するだけで涙が溢れてくる。
ゾッとする。

もっと優しくすればよかった。
もっと大切にできたのに。

自分の曲から大切なことを教えてもらうことばかりです。

この曲からも私は教えてもらうことがたくさんありそうです。

ちょっとずれるけど、マイケル・ジャクソンさんって本当にすごいなと思う毎日。
というより毎瞬。笑

音楽ですべてを表現し切る。
怒りも悲しみも愛も喜びも。
彼の曲、歌を聞くとすべてが目の前に現れる。

音楽の本質を教え続けてくれる。
大切なことを伝え続けてくれてる。

命を掛けて残してくれたすべてに感謝しかない。

無人島に誰かの曲を一曲だけ持っていけるとしたら私は迷わずマイケルの歌を選ぶだろうな。

曲がいいことも歌詞がいいことももちろんだけど、自分が持っているすべてを最大限に使ってそれを表現し切る彼は本当にすごい。

Man in the mirror を聞いたら誰かを気付けることなんてきっと出来なくなる。

Heal The World を聞いたらすべてのものをきっと大切にしようと思う。

絵画でも、映画でも、書でも、本でも、言葉でも。
それぞれの心が動くもので。
素晴らしいアーティストたちが命を掛けて残してくれた作品に触れるだけで。

一体何を伝えたかったのか。
何を伝え続けてくれたのか。

そして自分には何が出来るのか。

社会の仕組みとか政治とか難しいことは私はわからないけど。

難しいことなんて話さなくても、考えなくても、みんなで一緒に愛の歌を聞くだけで歌うだけで世界はきっと少しずつ少しずつ変わるんじゃないのかなって本当に思うの。

バカげてる考え方かもしれないけど。

日々の生活の中で、それぞれが愛に溢れた作品に触れる時間を作ったらこの世界の色はもっと美しくなるはず。

ここ数年心を動かすことから逃げてきた私。
感情を感じることを。

悲しいことには触れない。見ない。聞かない。
喜びも大きくは感じないようにって。

でも感情が動かないと曲が書けないこと。
歌おうと思わないこと。
それをとても学んだ。

まだスタートしたばかりのことだからわからないけれど、私守りたいものが見つかった気がします。

そしてその先にある世界を照らしたいんだというまだ小さな消えそうなくらいの想いがあります。

お伝えできる時が来るように今は進みます。

与えてもらった時間と才能を使って。

今日もみんなが笑っていますように(^ー^)

















2017.08.18 Friday * 07:20 | - | comments(0) | -
Comment









<< 6キロ。 | main | よさこい祭り(^ー^) >>