* 100年の生涯の果てに。


サミイさんのライブの後、くわちゃんと素敵な“逝き方”について話しました☘


そのお話を昨日久々に会えたお母さんに話したら、1つ素敵な話をしてくれました。
最近読んだ本に書いてあったみたいで。


“セドナには、センチュリーという不思議な植物があります。
100年の寿命でただ一度しか花を咲かせないと言われています。


センチュリーは乾いたこの大地で100年間もそのままの状態で過ごしてきます。
少しも目立たず季節による変化もなく、なんの変哲もない生涯です。


ところが100年の春の終わりに、突然茎が真っ直ぐに伸び生涯で一度だけ花を咲かせます。

扇を空に向かって開いたような形で房になっています。
光輝くまっ黄色の花です。


ミツバチやハミングバードが花に群がります。みんなから愛され、賑やかで、華やか。
3週間ほど咲いて花は散ります。


それと同時にセンチュリーも100年の生涯を閉じ枯れて朽ち果てます。


私達も年老いていつかは死んで大地に還る。


人生の最後こそ一番に光輝き、心は満たされ、他人から愛され、賑やかに、朗らかに、美しくあること、が実現できれば素晴らしい世界となるはず。


老いることは最高の楽しみに向かって進んでいくこと、死は喜びの頂点で迎えられるものであるとするならば、何も怖いものなどないはず。”


とっても素敵:-)
調べると、この植物こそがアガベなんですね☘
植物性の甘味料として知ってる方も多いはず。


花を咲かすまで20年から30年ほどかかり、成長がゆっくりだから、セドナでは「センチュリープラント」と呼ばれているそうです。


100年に1度花ひらく植物がある。
1年に1度花ひらく植物もある。
それぞれの色どり、形、生涯がある。


だから私たちも、それぞれ自分の輝きを信じたいですね。



最近の私は、9月と11月のライブに向けて曲がポコポコ生まれています。
その先に、みんなの笑顔を思い浮かべながら曲を描いています☘
楽しみ。


2019.06.30 Sunday * 13:40 | - | comments(0) | -
* ユウサミイさん。


昨日はくわちゃんが声を掛けてくれて、初めてユウサミイさんの歌を聞きに行ってきました。


ステージにはその人が歩んできた道とか、対決にしてきたこと、大切にしてること。
すべてが反映されるもの。


シンガーソングライターなら、メロディーにも歌詩にもすべて。


ユウサミイさんの歌を聞いた方は、是非1度は生で聞いてほしいと言いますが本当にそう想う。


歌、ギターの上手さ。
(上手いという表現は希薄かも:-))
トークは面白すぎ。
とにかく心と身体に響く。


「さぁ、どうするんだ?」
「何が大切なんだ?」
「あのね、大丈夫だから。」


そんな歌詩がある訳じゃないのに、そう問われ続けてる気がした。


そしてサミイさん、とってもとっても温かい。


昨日のライブの前に、サミイさんのラジオは聞いてたんですが、考え方や生き方が石屋のたかちゃんにそっくり。


とてもシンプルに生きてる。


自分を大切にして、周りを大切にして、目の前のことに一生懸命。
そしてとにかく感謝。


こうゆうかっこいい本物の大人の方たちに、たくさんの子どもたちに会わせてあげたいなって想います。
子どもだけじゃなく私たち大人も。


そばにいるだけで感じる安心感。


本人は意図してないだろうけど、みんなも輝かせちゃうほどの自身の輝きとエネルギー。
それは誤魔化さず、生きてきた。という自信から発せられるものもあるのだと思う。


いつかサミイさんくらいの年齢になったとき、私も欠片くらいの深みを帯びることが出来るだろうか。


それは1日1日、1人1人を大切にして、自分に嘘をつかずに歩き続けた先にあるのかもしれないね。

今から変わればいい。


ライブの後は、くわちゃんが色んな話をしてくれて。
何から何まで幸せな時間でした☘


丘崎アンナさんの歌声は女神さまのような歌声でとっても素敵でした。
10月11日にはワンマンライブも決まってるそうです☆


お2人のステージ、本当に素晴らしかった。

心から笑って、感動して。
サミイさん、アンナさん、そしてくわちゃん。



本当に本当にありがとう。

2019.06.28 Friday * 12:15 | - | comments(0) | -
* それぞれの今瞬間。


今日はお墓参りへ。



きちんとお伝えしたいことがあったから。


お墓のお掃除をさせて頂きながら、一体どれだけの命のバトンを受け取って今生かして頂いてるんだろうと想いを馳せていました。


血の繋がりだけじゃなく、本当に先人の皆さまのお陰で今日がある。
皆さまのいつかを生かさせて頂いてるんだね。


地球があるから歌える。
空気があるから歌える。
そんな風に挙げていったらキリがないね:-)


大げさじゃなく、本当のこと☘


何かを決断して決めると、宇宙も出逢う人も何だか不思議とみんなが優しい。


不思議だけど、本当のこと☘


最近スタジオがいっぱいの日は、お外で発声練習してます。


お家の近くにサッカースタジアムがあって、その周辺はお家が少ない。


夕日が沈んでから暗くなるまでの間。
とっても気持ちがいい。

こんな場所でなら路上ライブも楽しそう。
人いないけど。笑



サッカーの練習してる人。
スケボーやってる人。
ランニングしてる人。
歌ってる人。


それぞれの今この瞬間。
人生なんだね☘

2019.06.26 Wednesday * 19:44 | - | comments(0) | -
* すべてパーフェクト:-)


先週の金曜日の夜。

突然のめまいと共にパタンと眠りについて。
目覚めと共に、左耳がよく聞こえない。


ここ最近、本当に毎日毎日色んな出来事がある。
というより現実化が早かったり、流れが顕著。

「えっ?えっ?」

と思うことばかり。


耳鼻科のあと、窓の外の雨を見ながらぼーっとしてたら。


「夏至」
本日は夏至。
一年で最も昼が長い日。
夏至の日は毎年エネルギーが変化するポイントでもあります。
今日まで体調良くなかったり、眠い日が続いたり、メンタルが落ちたりした方もいたと思いますが、それは夏至以降のための調整の出来事かもしれません。
今日からまた流れが変わります。
「あなたは何者で何をするために生まれてきたのか?」
それを感じてみるのがいい。


とのLINEが。

いつも絶妙なタイミングでメッセージが入ってきます。
本当に有り難い:-)


夏至ということも知らなかったし、たまたまかもしれないけど。
信じてもいいよね。
もし同じような感じの方いたら、夏至の影響みたいだから大丈夫:-)笑


離れていく人や事もある。
逆に近くなる人や引き寄せる事もある。

少し寂しいけど、新しい出逢いや出来事のためのスペースも大切なのかもしれない。


自分の感覚を信じ続けるしかない。

マルシェで納豆のおじちゃんやアロハさんたちと泣いたり笑ったり。



みんなと別れたあとパッと顔を上げたら、

「音楽さえあればいい」

って看板。



偶然か?( ゚ェ゚)

ううん。

やっぱすべてパーフェクト。



2019.06.25 Tuesday * 19:32 | - | comments(0) | -
* 分け合えば満ち足りる世界。


数ヶ月前からまたハンディを持った子供たちと関わる活動を始めました。


一緒にお家に帰る。とか、お出掛けする。
そんな活動:-)


私は彼らと似た部分を持ってるからこそ、いっぱいいっぱいになってしまうこと、焦ってしまうこと、こだわりが強くなってしまうこともよくわかります。


この前通所施設に行くと、中がなんかものすごい静か( ゚ェ゚)
そっと覗くと…みんなアイス食べてました。
食べてるとき、本当みんな静か。笑


その中で上手にアイスが食べれない男の子がいました。
両手で大事に持ってるけど、中々食べれない。
食べ終わった子たちは歩き回ったり、話し出したり。


その上手く食べれない子は、そんなみんなをただただ、にこにこ見つめてて。
右見てにっこり。
左見てにっこり。
満面の笑顔。
両手でアイスを大切に持ったまま。


その姿は神さまそのもの。


色んなこと上手く出来なくたって、にっこり微笑んでるだけで人を幸せに出来る。


「彼らにとって優しい社会はみんなにとって優しい社会だと思う。」

昔お会いした職員の方がおっしゃっていました。


本当にそう思うの。


この世界には、お金を稼ぐというか集めるのが得意な人もいる。
苦手な人もいる。
頭の回転が早い人もいる。
のんびりな人もいる。


この世界は何でも分け合えば充分に満ち足りる。


企業の中でも雇用は進んでるけど、もっともっと豊かさは広げられると思う。


理想論かもしれないけど。
でもこの子たちがずっとにこにこしていられる大切な未来のために。





2019.05.30 Thursday * 07:01 | - | comments(0) | -

| 1/131Pages | >>